読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソシャゲ部

昨年秋
就職と同時にiphoneのSEを購入しスマホデビュー。

闘病中は病気の影響でゲームをやる気力がなかったのですが、快方に向かうに連れて回復。
そんなわけで、寂しさから底の見えない泥沼に足と首を突っ込んだのでした。


SB69

ソシャゲ処女を捧げた。開発ギークス。
ネット環境がなくテレビに齧りつく毎日、ふとアニメの二期(10話あたり?)を見まして、ケモノ要素が引力として働いた結果であります。
前述のゲームから離れていた期間(とはいえマインスイーパだけは続けていたが)があったので、堰を切ったように画面に向かいました。

いわゆる音ゲーで3key、ノート押下時には決まった音が鳴る太鼓の達人タイプ。
じゃあどの音に沿ってノートが配置されているのかというと、ボーカルだったりドラムだったりまちまち。
判定に関しては、音ゲー経験は弐寺しかないのでその視点から言うと、本当に緩い。判定強化が発動しているとかなり早めに押してもピカグレが出る。
緩い判定に加え、最高難易度☆8(ツアーでは☆6)の譜面であっても簡単めなので、基本的にはマスコンを狙う。

3ヶ月ほど遊んだところでようやく冷静にこのゲームを俯瞰すると、キャラや曲と世界観はとてもいいのだが、イベントがどうにも単調すぎた。
ツアーモードで特にスリルを感じない☆6譜面を何回も遊んでチケットを稼ぎ、そのチケットでイベント用のポイントが溜まるモードがやっと遊べるという形式。
ずっとこれではさすがに飽きが来る。

このゲームのいい点の一つは、最高レアリティURのブロマイドを無理に揃えに行かなくても十分やっていけるところだったのだが、
少し前に追加されてしまった新しい最高レアリティLRのブロマイドが、過去の全てを置き去りにするほど強力だった。
調整がどうにもこうにも行かなくなり、分かりやすい上位互換を作ってしまうのは終わりかけのゲームにありがちなもの。

繰り返し言うが、キャラと曲は本当に好きだ。
アプリの低迷とは対照的に、ミュージカルやグッズ展開等は上手く行っているらしい。
このゲームがきっかけで植田真梨恵カラスは真っ白(解散済み)を知れてよかった。

バトガ

SB69の先細りを目の当たりにし、難民と化したところでキャラのかわいさ目当てにふとインストールした。開発コロプラ

アクションゲーの振りをしたリズムゲー。
武器ごとに特定のリズムが割り振られ、その通りに入力していくことでコンボが繋がり、アクションスキルを打てるようになるもの。
スキル自体が強力であり、またカードによってはありがたいバフが付与すること、そしてコンボでダメージが増える仕様が存在するので、コンボを重ねることからはおそらく逃げられない模様。
敵の攻撃でノックバックしてしまうとコンボがリセットされるので、フリックで緊急回避するテクニックは早期に取得しないとどうにもならない。

SB69とは異なり、ソシャゲらしく最高レアリティを揃えてなんぼの世界。
生涯初のリセマラを致しましたところ、3-4回目あたりで復活花音が来たのでそれで始めました。

始めて日が浅すぎるのでまだ手探りな状態。
石はストーリーのeasy/normal/hardをクリアするだけで結構な量が貰えるので貯金を作ってるところ。
ゲームのフォーマット的にたぶんがっつりやったら飽きそうなのでちょこちょこやりたい。
キャラ愛でて脳死してるくらいがちょうどいい付き合い方だと思う。

積極的に協力部屋に入っていけない性格をしてるけどいつかは誰かと遊びたい。
足引っ張らない程度には強くなっておかないと。